Good Feeling Note

”残そう。Good feelingな瞬間を。”をテーマに日常の学びやワクワクをブログにしています。

幼少期の環境から思う、犬に慣れているかどうか。

f:id:hiroshiystory:20210620222220p:plain

 

ふと、近所を犬連れで散歩して気づいたことがあります。

 

私が犬を連れて近くを歩いていると明らかに警戒心を持って身構えたり、公園とかで迷惑そうに見てくる小さいお子さんを連れたママ・パパ、道行く大人の方がいらっしゃいます。

 

犬に限らず、人間ですので何かしら苦手なものはあるので十分理解できます。

 

特に、犬が苦手という方は、育った環境で様々な事情や理由、背景などで、犬や猫などの動物を飼ったことがない方や、噛まれた経験があるような方なのかなぁと思いました。

 

私の場合、幼少期から実家で柴犬や雑種の犬を飼っていたり、近所の祖父母宅でも雑種の犬を飼っていたこともあり、犬のいる生活が日常でした。

 

そのため、あまり警戒心がなさ過ぎて、高校時代の郵便配達のアルバイトで行った先で番犬に足を噛まれるという珍事件まで発生しました。笑

 

当時は大したことなく、それで犬を苦手になるということもなかったので良かったです。

 

そういう意味でも、実家で犬を飼わせてくれた両親に、改めて感謝だなぁとふと思いました。

 

今日は父の日。

 

親父にはなかなか面と向かって感謝の言葉を伝えられないですが、感謝しかないです。

 

ありがとう。

 

---今日も素敵な1日に感謝です。