Good Feeling Note

残そう。Good feelingな瞬間を。

Uber Eatsの普及から感じる「ギグエコノミー」

f:id:hiroshiystory:20190211203839j:plain

 

最近では、大阪市の街中でUber Eatsの配達ドライバーとして働いている人を多く見かけるようになりました。

 

https://www.uber.com/jp/ja/

 

最近では、「ギグエコノミー」という言葉も広がっています。

 

ギグエコノミーとは|金融経済用語集

一般にギグエコノミーは、個人の働き方が多様化した一つの形態であり、仕事の仲介業者(プラットフォーム提供者)は、専門能力を有する人間が特定の組織に縛られることなく仕事を見つけるのを容易にすると同時に、発注側のコスト引下げにも役立つと主張しています。その一方で、受注者側には、働き方に自由があるものの、安定した待遇や労働者保護の仕組みなどで問題があると主張する人も多いです。また、専門能力の優劣により、収入面や受注面において大きな格差も生じています。 

 

r.nikkei.com

 

当然メリット・デメリットはあるものの、1つの会社に雇用されることがすべてでなく、2つ3つと収入源を複数持ち、自分の能力や得意分野に応じて個人事業主として働くことがどんどん容易になってきているように感じます。

 

逆を言えば、雇用されている会社からの給料だけでは現在から将来的な収入源として不足している社会構造であることを表しているのでしょう。

 

そんな社会では、“格差”が生じるのは当然で、全員が均一的に収入が増えていく時代はとうの昔のことであり、情報格差が経済格差に直結する時代だと言えるんでしょうね。

 


You Changed the Way the World Moves | Uber

 

--今日も素敵な1日に感謝です。