Good Feeling Note

残そう。Good feelingな瞬間を。

読書メモ:星の商人

とある方のすすめで、犬飼ターボさん著書の「星の商人」という本を購入して読みました。

 

星の商人 -「成功の秘法」を手に入れるためのレッスン-

星の商人 -「成功の秘法」を手に入れるためのレッスン-

 

 

ちょうど仕事で出張に来ていたので、夕食後のフリーな時間を活用して読んでみようと思い読み始めたら、1ページ目からワクワクしながら一気に読み切りました。

 

これから読む方のために、詳細は書きませんが、架空の小さな都市で、漁村出身の一人の若者が商人見習いから初めて"大商人"と呼ばれるまでに至る物語です。

 

本のタイトルにも

「成功の秘法」を手に入れるためのレッスン 星の商人

 

となっているように、商人(現代風に言えばビジネスパーソン)として自立していくためにいくつものの課題や試練をクリアしていく過程が書かれています。

 

f:id:hiroshiystory:20180715014354p:plain

 

この本で学べたことをいくつかまとめてみました。

 

①一人ひとり成功の定義は異なる

現代でも広く使われる「成功」という言葉。

でも、自分自身にとっての成功とはなんなのかをしっかり定義できている人は少ないように思います。なんとなく人並み以上の売上・収入を得たり、名誉なことを成し遂げたりすることが成功のような扱われ方をしていますが、それが自分にとっての成功なんだろうか?

そこは自分なりの言葉で明確にすると、物事が進みやすいんだろうなと感じました。

 

 

②この世界の富(お金、経済的価値のあるもの)というのは、実は無限であるということ。

私たちはどうしても限られた範囲の中で少しでも自分が多くのもの得ようとするが、実は富、幸せ、運なんかはどこにいっても無限にあるんです。一定の業界、市場、集団の中でライバルやライバル会社に負けまいと頑張ってしまうのが一般的ですが、実は富というのは無限にあるんだよということを、この本で教えてくれているような気がしました。

自分が本気で望んで、それにふさわしい人間なんだと認めてあげれば、おのずと手に入るんですよね。

多くの人が、「私にはそれは無理だ」と諦めてしまうから、現実に手に入らない状況になってしまうんだろうなと。

 

そんな感じで、現在会社員やアルバイトなどの方から、自営業・経営者の方まで、何か求めているものがある方にはおすすめだなと思いました。

 

この本を進めていただいた方に感謝です。

 

 

--今日も1日Goodfeelingな瞬間にたくさん出会えて感謝です!