Good Feeling Note

残そう。Good feelingな瞬間を。

若者はいつまで家賃を搾取され続けるのか

若者はいつまで家賃を搾取され続けるのか

とても印象に残った記事なので紹介します。

記事の中にこんな表現がありました。


多くの若者は住まいの選び方を知らないし、家、生活を
土台にして暮らしを楽しむという術を知りませんよね。

欧米ならルームシェアとかDIYの文化などが根付いていて、
若者でも生活苦に立ち向かう選択肢がいっぱいある。

でも、日本の若者は、欧米の若者のように家の見つけ方
とか買い方といった生活の勉強をする機会がありませんでした。

だから、訳が分からずに都会に出てきて、
業者から勧められるままに選んでいる。

独房のようなワンルームマンションをあてがわれて、
業者のカモになっているような若者がいっぱいいる
んじゃないでしょうか。


私も実感します。

必ずしもワンルームの賃貸マンションを
一人一部屋借りなくても、工夫次第で
都心に安く住めます。


弊社で提案している物件の一つ、ソーシャルアパートメントも、
古い物件をリノベーションし、付加価値を加えつつ、共同生活
することによって賃料を下げた物件です。

私が将来やりたいことの一つに、都心部の好立地に
賃貸マンションを1室借り、そこに若手起業家数名が
自宅兼事務所としてシェアするというのがあります。

家賃を全員で割り勘にすることで一人分の負担を減らしながら、
各起業家の成長と節約意識を促す環境の提供をしたいです。


そんな想いもあり、気になった記事です。