Good Feeling Note

残そう。Good feelingな瞬間を。

農業創業者の祖父から

会社を経営したり、ビジネスを創って新しい価値を生み出し、
誰かを喜ばせたり、幸せになってもらう仕組みを創る仕事。

それが起業家なのかもな・・・。




ふとそう思いました。

私の祖父母は、父方も母方も昔からの農家です。

おかげで私も幼少時代の遊ぶ場所の半分は田んぼ
だった気がします。

物心ついたときから、父に連れられ、祖父母と
一緒に農作業(特に稲作作業)を手伝わされていました。

田んぼの環境を作って、苗床を作って田植えをして、
水と肥料の管理をして、育ったら稲刈り・・・。

手間暇と労力の割に、お米を作って得られる利益は
大した物ではないです。

それでも、祖父母の作ったお米を毎年楽しみにしている
人達や、一緒に農作業を手伝ってくれる人達が沢山いました。

そんな農業の仕組みを、戦後間もない時代にゼロから
築いた祖父母を、今更ながら尊敬します。

会社経営者になってみて、農業に似ている部分を沢山
発見します。

単発的な成果や利益は何とか得られても、長期的に見て、
愛を持って育てないと、人も組織も育たないのかも・・・。

そんな事を、日々の出来事から身を持って感じます。


今、ホライズンエージェントが抱えるいくつかの経営課題。

どう解決しようかと考えいた時、胃ガンと闘っている祖父の
容態が良くないという連絡が入りました。

このタイミングでそんなことまで・・・。
と思いましたが、

“長期的に育てて喜んでもらえるスタイルでいけ”

と祖父に言われているような気がしました。

勝手な思いこみですが、目の前の課題を一つ一つクリアし、
仲間と共に成長し、何かしらの価値を社会に還元できる
チームにしていこうと、改めて心に刻みました。