Good Feeling Note

残そう。Good feelingな瞬間を。

仲間のために

今後一緒に仕事をするであろう仲間のために、
今後生まれるであろう新しい事業のために、
ヒト(仲間)・モノ(特に事業拠点)・カネ(特に初期投資資金)
を準備するために活動しています。

最初は自分の思いや夢の実現のためという気持ちが
ほとんどだった。

それが、だんだんと自分を信じてついて来てくれる
仲間のためになんとかしなきゃという気持ちに
変わりつつあります。

人の人生の一部が自分にかかっていると考えると、
嫌でも本気になります。

決して楽な道ではなく、いばらの道かもしれない。


でも、そこには数々のドラマがあり、成長できる材料があると
考えると、失敗も楽しく思えます。


“やればできる!にこ