Good Feeling Note

残そう。Good feelingな瞬間を。

Googleを離れて起業

今朝の日経新聞の朝刊でふと目にとまった記事です。ameba


日経新聞より

Googleで3年近く勤務した後にふと、

「起業できるかもしれない」

と思いつき、3名で起業した若者のエピソード
が紹介されいた。

その中で印象的な言葉があった。


「グーグルは素晴らしいが、ラリー・ペイジ
セルゲイ・ブリン(両創業者)の会社だ。
僕らにはウーヤラ(独立して興した会社)を
次の巨大企業に育てる大きなチャンスがある。」
     ウーヤラ共同創業者 ショーン・ナップ

日経新聞2007年12月12日朝刊より一部抜粋)


良くも悪くも創業者やオーナーの会社であって、
自分のビジネスではないことを表している。

サラリーマンではなくビジネスオーナーに
なることの意味が垣間見える記事です。☆