Good Feeling Note

残そう。Good feelingな瞬間を。

あなたが相談しているのは、手続き屋さん?コンサル屋さん?

f:id:hiroshiystory:20180510211858j:plain

 

最近、個人事業主の方や会社経営者の方と話をしていて感じることがあります。

 

専門家でない限り、お金の管理のこと、会計帳簿の付け方や管理方法、財務諸表などの指標から課題点等をどう見出し、何をすれば収益アップもしくは財産構築ができるのかを的確にアドバイスしてくれる専門家からのアドバイスを求めているということ。

そして、それを的確に導ける専門家が稀だということ。

 

誰に相談するか?って結構大事なはずなのに、多くの方が相談相手を間違えています。

 

例えば・・・

 

銀行・・・融資したい、金融商品を売りたい

ハウスメーカー・・・家やアパートを建てて欲しい

不動産屋(宅建業者)・・・不動産(土地、建物)を売りたい、買いたい、貸したい

保険外交員・・・保険商品を売りたい

税理士・・・申告業務、顧問業務を受注したい。(中には納税者の立場に立って問題解決、提案できる税理士もいらっしゃいます)

 

あくまでも一般的な見方であり、例外もありますが、多くのケースではこのように何かしらの商品を売りたい(もしくは手続きを受注したい)立場の方が多いです。

 

それも悪いことでは無いですし、自分の望むことに一致しているのであれば良いと思います。

 

具体的な方針が決まっていない状態で、どうしたらいいのか相談したいのであれば、上記のような“手続き屋さん”ではなく、“コンサル屋さん”(相手の立場になってオーダーメイドで解決の道筋を設計してくれる人)に相談する必要があります。

 

冷静に考えれば当然なのですが、多くの方が“手続き屋さん”に相談してしまっているのが現状です。

 

決して簡単ではないですが、私は後者のコンサルティングができるFP(ファイナンシャルプランナー)を目指しています。そういう意味では、“P”はPlanner(プランナー)ではなく、Producer(プロデューサー)の方がしっくりきます。

 

長くなってしまいましたが、そんな相談相手選びのお話でした。

 

---今日も素敵な1日に感謝です。

フットサル 2/9

f:id:hiroshiystory:20190215013830j:plain

 

先週末のフットサル。

 

最近は、ただ参加するだけではなく、運営メンバーの1人としてサークル運営に携わっています。

 

会場準備だけでなく、どうやったら参加者のみなさんが楽しんでフットサルを行い、初参加の方でもスムーズに溶け込んでいただけるか?の仕掛け作りまで行なっています。

たかがフットサルサークルですが、されどフットサルサークル。

参加者と運営者では、やっぱり見る視点が違う。

これって本当に重要なことなんです。

何事も学びです。

 

---今日もすべてのことに感謝です。

 

現代に増える「スラッシャー 」

www.j-wave.co.jp

 

別に今に始まったことではないと思いますが、

複数の肩書きを持つ方のことを指す言葉が「スラッシャー 」と呼ばれています。

 例えば、

「税理士/ブロガー/不動産投資家」

など。

私の身近でもたくさんいらっしゃいます。

これにより、今まで一つ以上の肩書きがあると「副業」とみなされることが多く、どうしても「副業」という言葉には、経済的に不安定なため行っているというマイナスなイメージがありましたが、スラッシャーという言葉の誕生により、プラスなイメージに払拭されました。

 振り返ると私自身は、自営業を始めた10年ぐらい前からスラッシャーでした。

これからの時代、1つの仕事、肩書きに囚われるのではなく、2つ3つの肩書き(自分は何者なのか?)を持って活動することが、人生の選択肢の幅を広げることになると思います。

jinjibu.jp

--今日も素敵な1日に感謝です。 

 

f:id:hiroshiystory:20190211203839j:plain