Good Feeling Note

残そう。Good feelingな瞬間を。

複業するなら確定申告を知ろう

f:id:hiroshiystory:20181112232221j:plain

 

今度、20代中心の起業家のタマゴ向けにお金、会計、働き方についての勉強会講師を勤めることになりました。

 

私の身近な方で、スモールビジネスをされている方で確定申告をされていない(よく分かっていない?)方が以外にも多いなと最近感じます。

 

若い20代に限らず、30代~40代で夫は会社員という奥様が小さく商売をされている方なんかも。

 

www.freee.co.jp

 

例え売上規模が小さくとも、会社勤めしながら副業で少額の売り上げを得ているだけの方も、確定申告を知っていると色々とメリットもあります。

 

<会社員向け:確定申告が必要になる条件>
・給与収入が2,000万円を超えている場合
・2ヵ所以上の会社から給与を受け取っている場合
・配当所得や不動産所得などの副業所得が20万円を超える場合
・医療費控除、雑損控除などを受ける場合
・住宅ローン控除を初めて受ける場合(2年目以降は年末調整で行う)
・その年の途中で退職し、再就職しておらず、年末調整を受けられない場合
・ふるさと納税の納付先自治体が6ヵ所以上の場合

 

そんなことも、これから事業を始める20代の事業家や複業ワーカーに少しずつ伝えていけたらなと思っています。

 


--今日も素晴らしい1日に感謝です!

まもなく「サラリーマン絶滅社会」を迎える?

最近感じることは、

いわゆる“サラリーマン”と言われる「会社員」という働き方のリスクです。

 

“え、会社員って安定しているんじゃないの?”

 

って思う方、それは高度経済成長期の頃のお話。

 

gendai.ismedia.jp

 

例えばこちらの記事。

 

これからの社会では「ビジネスのポップアップ化」が進んでいくのです。

こうしたやり方が一般的になっていけば、もはや会社の「兵隊」たちは必要なくなっていきます。つまり、軍隊型の生産組織から、遊軍的な生産組織へと「生産の常識」が根底から変わっていくなかで、「組織型サラリーマン」は、日々日々必要な存在ではなくなっていくのです。

 

“ビジネスのポップアップ化”

 

とてもおもしろい表現だなと。

 

会社組織に属してずーっと業務に関わり続けるのではなく、1つのプロジェクトやサービス開発、リリース等のひとまとまり毎に必要な人員を集めて、役割とフィーを決めて働き、プロジェクトが終了すると解散、クローズして、また次のプロジェクトに参加する。

 

そんな働き方の方が合理的ですよね。

 

私も早く会社員を卒業できるよう、準備していきます!

 


--今日も素晴らしい1日に感謝です!

 

f:id:hiroshiystory:20180510211858j:plain

 

iPad Pro 10.5とMagic Keybord

https://www.instagram.com/p/Bp0sZoennSK/

 

世間では新しいiPad ProやMacBook Airが話題になっていますが、

私はスマホをiPhone 8にしたタイミングでiPad Pro 10.5インチを活用し始めました。

 

キーボードに選んだのは、カバーと一体型のSmart Keybordではなく、Magic Keybordにしました。

 

これが結構使いやすく、気に入っています。

 

メールやSNSへの投稿だけでなく、イベントの告知や連絡、セミナーや勉強会でのノート代わりなどで活用しています。

 

今後は、対面で会話する際に、相手にドキュメントや写真付き資料を提示する際などにも活用していこうとおもっています。

 

もちろん、気軽にブログを更新するためにも使っていきます。

 

—今日も素晴らしい1日に感謝です。