Good Feeling Note

残そう。Good feelingな瞬間を。

独り身の老後に必要なお金は2000万~5000万円

今年もよろしくお願いします。

 

年末年始は、香川県の実家に帰省していました。

農業地域の実家に帰省して思うのは、親世代がどんどん高齢化する中で、経済格差が広がっているなということです。

 

こんな記事があったので、ご紹介でします。

 

news.mynavi.jp

 

簡単に要約すると、

年金収入だけでは、基本的生活支出をも賄うことができず、数千万単位で貯蓄がない限りは、別途で収入減を持っておく必要があるといこと。

 

私の親世代でも、ずっと会社勤め1本(もしくは自営業)で、それ以外の収入源を準備してこなかった人と、農業や不動産収入、金融資産の運用などで複数数の収入源を準備してきた人に2分されています。

 

20代~30代世代が老後資金を準備することにフォーカスし過ぎることそれはそれで本末転倒だと思いますが、親世代の経済格差を目の当たりにして思うのは、お金のリテラシーを若いうちから身に着けておくかどうかだと思います。

 

 

--今日も素敵な1日に感謝です。^^

 

f:id:hiroshiystory:20190104161639j:plain

 

 

2018年の振り返り Vol.2 ~ジュビロ磐田観戦~

2018年は、予てから実現したかった「ジュビロ磐田の試合をスタジアムで観戦する」というのを年間で2試合、実現できました。

 

8月11日 ヴィッセル神戸戦@ノエビアスタジアム神戸

f:id:hiroshiystory:20180815000214p:plain

 

ヴィッセルにイニエスタ選手が加入し、出場1試合目の試合。

イニエスタ選手とポドルスキ選手のコンビを中心に世界トップクラスのサッカーを見せつけられて0-2と完敗でしたが、アウェイ側ゴール裏の席で応援していたため、目の前でイニエスタ選手のゴールシーンを見ることができました。

感動というか、鮮やかで滑らかな動きが圧巻でした。

サッカーファンとしては最高でした!

 

11/24  北海道コンサドーレ札幌戦@ヤマハスタジアム

f:id:hiroshiystory:20181126225234p:plain

 

念願のホーム、ヤマハスタジアムでの観戦をようやく実現!

シーズン終盤戦ということもあり、超満員でした。

チケット購入のタイミングを逃してしまい、気づけば全席満員!*1

 

磐田に行くことは確定していたので、なんとかチャンスがないかなと思っていたら、とある地元ジュビロファンの方から定価でチケットを譲っていただくことになり、無事にバックスタンド側フリーゾーンで妻と一緒に観戦できました。

 

f:id:hiroshiystory:20181126225415p:plain

 

来シーズンはもっとチケット購入を計画的に行って、ゴール裏スタンドで応援したいです。

 

f:id:hiroshiystory:20181124160223j:plain

残念ながら0-2の敗戦。三好選手のゴールはビューティフルでした。

 

f:id:hiroshiystory:20181229202338j:plain

妻とユニフォームが被ってしまった。。(笑)

 

中学時代からファンだったジュビロの試合をようやく生で観戦できたことは、大きな達成感を得ました。

今後は、いつでも自由に気ままにスタジアム観戦できるライフスタイルを送りたいなと思います。^^

 

--今日も素敵な1日に感謝です。

*1:+_+

2018年の振り返り Vol.1~出会いと学び~

f:id:hiroshiystory:20181229192554j:plain

 

2018年も色々ありましたが、1番のエピソードは、勤務先以外での出会いが格段に増えたことです。

 

きっかけは2月。

知人の紹介で知り合ったご夫婦(自分の親と同世代)から、ビジネスのこと、経済のこと、人として成長するためにはどうすればいいかなど、幅広く教えていただくようになりました。

 

一言で言うと、“自分たち夫婦も20年後、30年後にこんな夫婦になっていたい!”と思えるような方で、僕ら夫婦にはヒットしました。ちょうど、勤務先以外で人生のロールモデルになるようなメンターのような存在を探していたこともあり、グッドタイミングでの出会いでした。

 

それまでは、ブログの更新はしていましたが、それ以外では会社員としての仕事(Work)に没頭していました。

 

以前ご紹介した本「LIFE SHIFT」にも書かれていますが、これからの時代、会社員としてどれだけ仕事ができたとしても、それ100%だと一歩外の世界に出た時にゼロからの再出発になってしまいます。

 

会社員としての仕事は継続しつつも、地域コミュニティや何か自分が興味のある分野によって集まったコミュニティとのつながりや役割があることが、一種の無形資産となります。

 

その大切さを学ばせていただいたおかげで、フットサルを始めとするスポーツサークルへの参加や主催運営、健康・栄養分野や経済の勉強会への参加と経済セミナーの主催(講師)をさせていただくようになりました。

 

f:id:hiroshiystory:20181011202632j:plain

↑フットサルサークルに参加。

 

 

これって去年にはなかった大きな変化です。

 

その中で、今までは縁もなかったような情熱溢れる20代の若者たちに出会うことができ、多くのことを学ばせてもらいました。

 

自分よりも10歳以上も若い人たちと時間を共にするというのは、社内以外ではまず無い中、自分が20代の頃に抱いていた情熱やエネルギー、行動力、吸収力などを思い出させてくれました。どんな人でも、エネルギーの高い人はネガティブな発言が一切なく、常に前向きです。

 

たまに圧倒されますが、いい刺激になります。(笑)

 

日本の経済は今後も増々、会社員(正社員)が安心・充分という根拠の無い神話がどんどん崩れていくように思います。 

 

そうなった時でも変化に対応できるよう、人の出会いを大切にして、今後も夫婦で同じビジョンを持って成長し続けていきたいなと思います。

 

“出会いが人生を変える”

 

ですね。(^^)感謝です!

 

--今日も素敵な1日に感謝です!