Good Feeling Note

残そう。Good feelingな瞬間を。

雇われない、雇わない

f:id:hiroshiystory:20180527002948p:plain

 

最近、自分自身にも興味関心が高い働き方分野について。

 

私がよく読ませていただいているブログ「EX-IT AI時代の雇われない 雇わない生き方」の著者である税理士の井ノ上陽一さんの記事が印象的でしたのでご紹介します。

 

www.ex-it-blog.com

 

「働き方」を考えるのであれば、自ずと「どんな生き方をしたいのか?」を考えることになります。

 

働く、つまり仕事の生産性を上げるのは大事なのですが、「生産性を上げてその時間で何をするか」がないと、意味がありませんし、生産性も上がらないでしょう。

人生は、仕事だけではなく、遊びもプライベートもあります。
働き方ではなく、「生き方」が大事なわけです。

 

“働き方=収入をどのようにして得るのか?”を見直して、何がしたいのか?を考えること。

 

私は、“何がしたいか?”を考えるときに、先に“何がしたくないか?”を考えて書き出して、思いつく度に手帳に書くようにしています。

 

今のところ、こんな感じです。

  1. 毎日決まった時間に指定された場所に出勤する働き方
  2. 満員電車通勤
  3. 雇われで働くこと
  4. 時間と場所を常に拘束される働き方
  5. 単純作業の繰り返し
  6. お金の不安を持った生き方
  7. 自分がその場にいなければ回らないような仕事
  8. 欲しいもの、やりたいこと、行きたい場所を我慢、妥協しなければいけない生活

 

これを実現するためには、雇われる働き方ではまず無理だろうなと・・・。

 

家族もいるため、今すぐに会社を辞めて独立することはできませんが、再び雇われない・雇わない働き方、そして生き方を実現します。

 

最近、そう決めたら、不思議とそんな生き方を実現している人に出会うことが増えました。

 

人生は自分次第なんだなと常々学ばせていただいています。

一歩一歩ですね。

 


--今日も素晴らしい1日に感謝!