Good Feeling Note

残そう。Good feelingな瞬間を。

老後に備えるということは?

f:id:hiroshiystory:20180314152505j:plain

 

先日、とある方より教えていただいた下記の記事がとても印象的でしたのでメモ。

 

allabout.co.jp

 

日本では、多くのファイナンシャルプランナーがライフプランを提案する際に、老後の生活費を確保するために、20代、30代からどのくらいの貯蓄をしたらいいかを中心に考えるようです。

 

でも、今から40年後の経済状況なんて、誰にも予想できない。

 

40年というのは時代環境やライフスタイルが大きく変わるには十分な長さと言えます。今の新入社員の老後なんてどうなるかわからない。時代は想像できないくらい変わり、個人の生き方も変わっていく。極端な話、新しい単位の通貨に置き換わるかもしれないし、年金もまったく違う制度になるかもしれない。

 

確かに・・・。

 

私が考える老後対策とは、お金を貯め込むことよりも、老後でもお金を稼げる人間になることです。あるいは、老後も絶えることのない収入源を作ることです。
時代がどんなに変わろうと対処できる能力を獲得していれば、本当に老後を迎えたとき、現役時代に培った資産(人脈・経験・知識・判断力・リーダーシップ・コミュニケーション能力)がモノを言う。そのためにも、現役時代にたくさんの経験を積み、人脈を構築し、65歳になっても雇用され続ける人材、あるいは自分の腕で稼げる人材になれるよう、その40年間を使って自らを磨き高めることだと考えています。

 

どんなに貯蓄に励んでいても、経済や社会情勢が大きく変化すると、あまり意味をなさないことがある。

 

それよりは、人脈や経験、どんなに不況でも稼ぐことができるあり方、資産を築いていくことの方が、本当の意味で“安定”につながると言えるでしょう。

 

自分の中でホットな話題だったので記事にしてみました。

 

---今日も素晴らしい1日に感謝!